意外と知らないED治療薬のメカニズムに迫る!!

ED治療薬のメカニズム

勃起不全を治療する為には、専門クリニックの先生による指示のもとED治療薬を利用して、改善する事が一番と言えます。

しかし、男性には欠かせない大切な男性器。それに対するおくすりにはどのような働きがあって、なぜ、おくすりを飲むことによって勃起する事ができるのか?

気になる勃起不全解消用のED治療薬のメカニズムに迫ります。

ED治療薬のメカニズム

そもそも勃起薬というのは一般的な呼び方で、わかりやすいが故にその呼び名で認知されているのですが、本来のところはとある酵素の名称なのです。呼び名はPhosphoDiestEraseタイプ5と言いますが、これは全くもって覚にくいので、世間一般的にはED薬や勃起薬として浸透しています。

PhosphoDiestEraseタイプ5は、7つあるタイプのうちの1つで、この1つが男性器に一番関係している部分となります。

勃起薬を飲むことによってこのタイプ5の部分に働きかけ、勃起不全を促進する働きを妨げることで、本来の男性器の力を取り戻す事が可能とされています。

少しわかりにくいのですが、簡単にまとめてみると勃起にはとある酵素が関わっており、その酵素に働きかける事で本来の勃起力を取り戻す。その働きはED治療薬によって行われるという事です。

メカニズムの総評

さて、ここまで少し難しい勃起薬のメカニズムについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

健康的な男性であれば、男性器はしっかりと勃起します。ですが、勃起不全の男性は血管を拡張するGMPと呼ばれている部分が年齢やストレスによって衰えるのです。

悲しい事実ですが、まったく改善の余地がないという事ではありません。

夢のくすりとまで言われているバイアグラをはじめ、シアリスやレビトラと多くの特効薬が販売されたことによって、男性器の衰えにより、性行為ができなかった男性も、また新しい夢を見る事ができるようになりました。

最近ではたくさんの特効薬が販売され、各々見合ったおくすりを買う事が出来るので、世の中の男性のみなさんは、勃起不全を悲しむのではなく、おくすりを選んだり、改善策をいろいろと考えて楽しみに変えて前向きに考える事が大切です。しっかりと改善して性行為を楽しむように心がけていきましょう。

ページの先頭へ