病院に行く前にレビトラと保険について学んでおこう!

レビトラと保険

即効性に優れていることでも有名なED治療薬のレビトラですが、その理由としては、おくすりの成分が水に溶けやすく、その分体に浸透するスピードも早いという事です。

一般的なEDのおくすりは30分~1時間を目安としていますが、レビトラに関しては早い方で15分前後で効き目がでると言われているのです。

もちろん、勃起薬で最もメジャーなバイアグラや持ち効き目があるとされていますが、即効力ではレビトラの右に出るものはないでしょう。

ただし、勃起させたいからといってむやみにレビトラを飲むのではなく、あくまで薬ですので正しい飲み方や併せて飲んではいけないおくすりなどの注意点も守る必要がありますので、気を付けましょう。

レビトラは保険が適用される?

結論から申しますと保険は適用されません。

前述している通り、レビトラは効き目が早いことで有名で、多くの男性が性行為をするために飲んでいます。しかし、皆さんは一般的にどこで手に入れているのでしょうか…?

多くはネット通販や個人輸入、または個人輸入代行サービス、病院などでしょう。

一番安心感があるのは病院だと思いますが、そもそも保険って適用されるの?

レビトラには5ミリグラム~20ミリグラムまであり、病院で手に入るのは10ミリグラム~20ミリグラムです。

EDという病気も徐々に認知されてきているのですが、なかなか病院では保険が適用になっていない事実があります。勃起不全の男性からしたら非常に残念で仕方ありません。

ですので、診察料からレビトラの処方まですべて実費となるのです。

勃起不全で悩んでいる男性は多いのに、費用面での負担が大きいのが悩ましいところですね。

オススメの購入方法

病院での処方は通院したり、診察したり、処方してもらったりと費用面で厳しくなってしまうのはお分かりいただけたかと思います。

ですが、どうしても勃起不全を改善したい!そんな男性には個人輸入をおすすめします。

海外ではレビトラは一般的に販売されているので、個人で使用する量であれば、海外から直接輸入できるのです。そのほうがお金もかかりませんので、費用を気にする方にはオススメです。

ですが、偽物なども出回っていますのでいろいろと情報を収集してから買うようにしましょう。

ページの先頭へ